Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかの

問題の2級です。
封筒を触ってみると、なにやら固い。
もしかしてと思って開けてみると、合格を告げるカードが入っていました。

合格していました。
自己採点よりも3点高くギリギリで合格していました。

これで安心しました。
最後まで何が起きるかわかりませんね。


スポンサーサイト

ビジネス実務法務2級自己採点

問題のビジネス実務法務検定2級の自己採点です。
こちらもユーキャンです。

ユーキャン速報

自己採点の結果、70点が合格ラインのところ69でした。
1点足りないだけで不合格です。

何かの間違いで得点が70点以上になっていないだろうかと思ってしまいます。
また勉強するのはいいのですが、最後もでモチベーションが続くのかが心配です。




ビジネス実務法務2級

午前中にビジネス実務法務3級を受けて、午後から2級でした。
3級は手応えがあったので、この勢いで2級も合格したいと思い挑みました。

しかし、3級に比べて1問解くのにかかる時間が長くなりました。
なんとか、全部埋めましたが、どうにも自身がないです。

もう一度、受験するようになるかもしれません。





債権者代位権

<債権者代位権とは>
債務者が第三者に対して有する債権(売掛金債権や不動産登記請求権)の請求を怠っているとき、債権者が債務者に代わってその権利を行使し、債務者の責任財産を維持する制度。


<債権者代位の要件>
1.債権者が自己の債権を保全する必要があること(債務者の無資力)
2.債務者が権利の行使をしようとしないこと
3.債権者の弁済期が到来していること

なお、債権者が債務者に対して有する登記請求権を非保全権利として、債務者が第三債務者に対して有する登記請求権を代位行使する場合、債務者が無資力である必要はないとされている(判例)。


<債権者代位権の行使とその効果>
債権者代位権の行使は、裁判でも裁判外でも可能。
債権者代位権は、債権者が債務者の財産権を管理する権限を取得し、債権者自らの名をもって行使するのであって、債務者の代理を行うのではない。
ただし、相手方は債務者が自らその権利を行使する場合に比して不利益な立場に立たされることはなく、債務者に対して有する抗弁権を主張できる。
債権者代位権行使の結果、目的物は債務者に引き渡される。
ただし、金銭の場合には、債権者は当該金銭を自己に引き渡すことを請求できる。
債権者は、引渡しを受ければ債務者に返還する義務を負うものの、債権者は自己の債権と相殺することができる(判例)。

その結果、債権者代位権は、強制執行手続きによらずに簡便に行使できる債権回収手段として機能することになる。



優良誤認表示・有利誤認表示

<優良誤認表示>

商品、役務の品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すこと。
または事実に相違して当該事業者と同種もしくは類似の商品、役務を供給している他の事業者にかかるものよりも著しく優良であると示す表示のこと。


<有利誤認表示>

商品、役務の価格そのたの取引条件について、実際のものまたは当該事業者と同種もしくは類似の商品、役務を供給している他の事業者にかかるものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認される表示のこと。





Appendix

プロフィール

アンチャン

Author:アンチャン
色々とやりたいことに日々挑戦中
取得済み 簿記3級、ビジネス会計検定3級、経営学検定初級、ビジネス実務法務2級、販売士3級

本日までの入場者

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
1041位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
159位
アクセスランキングを見る>>

最近のトラックバック

Appendix

楽天ショッピング

Amazon

ヤフオク

マイ・オークションをごらんください

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。