Entries

動機づけ理論1

<個人の動機づけの重要性>
企業が高い成果を出すには、「合理的な意思決定」と「高い実行力」が必要になります。

高い実行力とは、適切にデザインされた組織や制度などのしくみとその下で働く個々人の強いやる気によってもたされます。

動機づけとは、個人に働きかけ、やる気をもたせることです。
対してリーダーシップは、集団に働きかけ使命や目標を達成するように導くことです。
たとえ、個人の能力が高くても、リーダーシップがうまく発揮されないと組織全体として高い成果を実現することができません。

動機づけ理論には、「内容論」と「過程論」の2つのアプローチがあります。

内容論とは、「人間がどのような欲求を充足するために行動するのか」という観点から欲求の種類や構造などを明らかにしようとするアプローチです。

過程論とは、「人間はどのようなプロセスを経て動機づけられるか」ということを明らかにしようとするアプローチです。



命令一元性と指揮一元性

<命令一元性とは>
部下はただ1人の上司からのみ命令を受けるという原則のこと。


<指揮一元性>
同一目的を目指す諸活動の組織体は、ただ1人の指揮者とただ1つの計画を持つべきであり、行動の統一、諸力の調整に必要な条件となる。



ローリング・プラン

<ローリング・プランとは>
適時見直しをすること。



デファクト・スタンダート

<デファクト・スタンダートとは>
事実上の標準と言われ、国際機関等による公的な標準ではないものの、市場や企業の競争などによって事実上の標準とみなされるようになった規格・製品のこと。

Appendix

プロフィール

アンチャン

Author:アンチャン
色々とやりたいことに日々挑戦中
取得済み 簿記2級、ビジネス会計検定2級、経営学検定中級、ビジネス実務法務2級、販売士2級、ITパスポート

本日までの入場者

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>

最近のトラックバック

Appendix

楽天ショッピング

Amazon

ヤフオク

マイ・オークションをごらんください

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる